<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

最近一定の効果を期待することの出来る最新技術のレーシックが登場し、非常に注目を集めています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
モノビジョンレーシックを行うことで、貴方の生活環境が大きく変わることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。

 

老眼鏡は「遠近両用メガネ」とも呼ばれているように、遠いところと近いところ両方見えるようにするためのメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:2018年11月01日

よく「お酒はシェイプアップ中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
お酒はカロリーが高いから
シェイプアップの妨げになるということです。

確かに、お酒にもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
お酒がシェイプアップ中によくない理由があるんです。

お酒をからだの中に入れることによって、
肝臓をはじめとするからだのありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
からだのエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でもからだには、他にもいろいろな役割があります。

ご飯の中の栄養分から、
筋肉などのからだの材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがお酒を飲むことによって、
からだの他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
お酒によってシェイプアップの進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
シェイプアップ中、お酒はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むお酒の量ではなく、
お酒を飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切お酒を飲まない日を設定することによって、
からだがアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、シェイプアップに集中することができるのです。