<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えることが出来る眼かどうか」「眼に病気や疾患は無いか」などを検査をします。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
手術の前はメガネを使った生活をして、正確に適性検査を行うための準備をしておきましょう。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
この適性検査には約2〜3時間必要となりますので、時間に余裕のある日に検査の予約を入れておくようにしましょう。





美少女フィギュア
URL:http://fig-ad.com/
美少女フィギュアの紹介


<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシックブログ:2019年03月21日

排便は習慣性を持つものである。

母親は7時起きたら
排便するというのが習慣づいているので、
なんの無理もなく排便できるが、
息子はそうではない。

息子には7時にウンチをすることを
母親が習慣づけてあげるからこそ、
7時の排便ができるようになるのである。

母親が息子に7時の排便を習慣づけないと、
息子は7時の排便が難しくなる。

午前中の肉体は排泄モードになっているのだが、
その時間帯で排便することができず、
その時間帯以外で排便するようになる。

そうなれば
排便でウンチを出し切らないようになってしまい、
ウンチをしても
肉体内に老廃物や毒素を溜め込んでしまうのである。

肉体内に老廃物や毒素を溜め込んでいると、
息子の免疫力は低くなってしまう…

それで
息子はたびたび病気になり、
食欲を減少させ、
排便を優先させるような行動を取ってくる…

息子が病気になった場合、
食欲があれば別だが、
食欲がないにもかかわらずご飯をさせていては、
息子はますます排便が困難になってしまうのだ。

病気をしている息子のウンチは非常に臭い!
それだけ老廃物や毒素を
溜め込んでいるということなのである。

しかも
大腸はこの中から水分を吸い上げて、
腎臓で濾過しているのだから、
腎臓が傷んでしまうのは当然のこと。

便秘の息子に限って
息子らしい元気さがないものだが、
それは腎臓自体が弱っているからなのである。

私は…
病気になったら、
病院に行かればいいと安易に考えるのではなく、
息子が病気にならないような努力をしておくべきだと思う。

だからこそ毎7時、
息子には排便を行わせ、
病気とは無縁の肉体にしてしまおう!